ホームページ制作を依頼 クリック!

WordPressの初心者の始め方 おすすめ方法

wordpress管理画面

 

アメブロ・はてなブログはやったことがあるけど

wordpressはサーバーやドメインなど難しそう

 

アドセンスの審査は独自ドメイン出ないと審査通らない

サブドメインもダメなのでwordpressを始めたい

 

という方は多いかと思います。実際のところ「パソコンで稼ぐ」というキーワードでだと、ブログでアフィリエイトで稼ぐを想像する方は多いかと思いますので、初心者でもスムーズにスタート出来るように記事を描いてみたいと思います。

 

今日の記事のポイント

  • wordpressに適したサーバー選び
  • ドメインの取得
  • お金をかけないwordpressテーマの選び方
  • おすすめプラグイン
  • 記事を書くだけ

 

初心者でも簡単にwordpressを設置出来るサーバー選び

WordPressはオープンソースのCMSでプログラムは無料で設置することが出来ます。
少し昔はサーバーを選んで、FFFTPソフトにサーバーの情報を入力して、インストール画面からインストールを行ってましたが、現在はほとんどのサーバーがサーバーの管理画面内で簡単にインストールを行うことが出来ます。

 

初心者におすすめのwordpressサーバーの料金は?

サーバーの料金は月額1000円程度〜となってますので、月額数万円を払わないといけないなどはありません。自分で設置する場合は低価格でスタートすることが出来ます。

 

初心者におすすめするwordpressのサーバーは?

 

一番のおすすめはエックスサーバーです。
業界で一番大きいサービスのさくらサーバーが一番のおすすめではないのは、管理画面に理由があります。

実際のところは、この辺りのサーバーの料金の値段には大きく変化はありませんので、エックスサーバーで決まりで大丈夫です。

もっと安い数百円のサーバーもありますが、以前に少し重いデザイン性のある海外のwordpressテーマを入れたところ結構表示スピードに時間がかかったので結局エックスサーバーに移管しました。

 

レンタルサーバー Xserver
安定したサーバーで、使っている人が多いのでgoogleで検索するとある程度は解決する

 

エックスサーバーの料金表

契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円 1,200円×3ヶ月 6,600円(税込7,260円)
キャッシュレスなら363円相当還元
6ヶ月 3,000円 1,100円×6ヶ月 9,600円(税込10,560円)
キャッシュレスなら528円相当還元
12ヶ月 3,000円 1,000円×12ヶ月 15,000円(税込16,500円)
キャッシュレスなら825円相当還元
24ヶ月 3,000円 950円×24ヶ月 25,800円(税込28,380円)
キャッシュレスなら1,419円相当還元
36ヶ月 3,000円 900円×36ヶ月 35,400円(税込38,940円)
キャッシュレスなら1,947円相当還元

 

次におすすめなのはさくらインターネットです。

さくらインターネットはwordpressを簡単インストールで設置した時にhttp://〇〇〇〇.com/wpとなりますので、トップページをhttp://〇〇〇〇.comにしたい方はデータをFFFTPソフトかサーバー内のファイルマネージャーで移動する必要があります。

そのままの設置ではアドセンスの審査に通らないので、トップページの設置場所を変更する必要があります。

サクッと初心者がトラブルなく、wordpressを設置したいのであれば、エックスサーバーで決まりで良いと思います。

それでもさくらインターネットが良い場合は、データーの移動方法をまた別日に記事にさせていただきますのでそちらを参照ください。

あと、さくらインターネットの問題点がもう一つあります。

さくらインターネットはメールアドレスxxx@〇〇〇〇.comのxxxは1つだけ

どういうことかと言いますと、さくらインターネットは1アカウントに付きメールアドレスの@マークの前のメールアカウントは1つと決まってます。

サーバーにドメインを2つ入れた場合

xxx@〇〇〇〇.comで最初メールアドレスを取ります。

そして月日が立ってもう一つドメインを取得して、新しいサービス△△△.comを制作

xxx@△△△.comのメールアドレスを取得したい場合出来ないのです。だからinfo@を使えるのも1回だけとなります。

どうしても使いたい場合は、サーバー契約をもう一つするか、ビジネスプランに変更する必要があります

さくらのレンタルサーバ
ドメイン直下の設置には少し初心者は勉強が必要ですが、大手なので表示スピード、メンテナンスが安定してます。

 

WordPressの設置サーバーが決定したらドメイン取得

ドメインはあなたのサイトの表札になります。じっくり考えて決めましょう。
後から変更は出来ません

ドメインで一番有名なのがお名前.comですがドメインはエックスサーバーやさくらインターネットでも取得出来るので支払いの管理は1つの方が良いので、レンタルサーバーで行った方が設定が簡単です。

 

ネームサーバーの設定を行う必要があります

ネームサーバーはこのドメインはこのサーバーで使いますよっていう設定です。
設定自体は簡単で失敗やエラーが起きることは滅多にないですが、初心者の方は出来る限り設定少なく、早くwordpressを設置して記事を書き始める方が良いですね。

 

初心者でも解るWordPress設置手順の方法

サーバーはエックスサーバーということで説明します。
まずはエックスサーバーのログインからXserverアカウント(旧インフォパネル)からログインしましょう。

 

こちらからログインするとサーバーパネルとファイルマネージャーにもログイン出来ますのでこちらからスタートするようにした方が便利です。

 

エックスサーバーログイン

 

次に真ん中ぐらいにありますサーバー管理のボタンをクリックしてください。

サーバー管理ボタン

 

するとサーバー管理のメニューが表示されます。
こちらでサーバーの設定をほとんど行うことが出来ます。

 

エックスサーバーにドメインを登録する

サーバーパネルからまずは取得したドメインを登録してください。
(エックスサーバーでドメイン取得をしたとします。)

 

ドメイン登録

 

こちらのドメイン設定のドメイン名に取得したドメインを記入して確認画面へ進んでください。
※利用可能になるまでに1時間ほどかかりますので、コーヒーでも飲んで待っててください。

ドメイン

WordPressをインストールしていきます

メニューの中から【WordPress簡単インストール】をクリックしてください。

wordpress簡単インストール

取得したドメインを選択してください

ドメイン選択

 

ドメインを選択したら、ドメイン直下にトップページを置きたいので、フォルダは選ばずに空欄で大丈夫です
あとはブログ名とユーザー名とパスワードを入力をして確認画面に進めばインストール完了です。

メールが届いてますので確認してください。

ブログ名がタイトルになるのですが、SEOタイトルはあとで変更しますので、仮タイトルで大丈夫です。

 

サブドメインを取得した場合、▼でサブドメインを選んで貰えばサブドメインでwordpressをインストール出来ます。

 

wordpressインストール

 

初心者でもWordPressをサーバーにインストールするまとめ

WordPressをサーバーに独自ドメインでインストールするのは、サーバー選びとドメインの取得サービスを厳選すれば簡単にインストールすることが可能です。

WordPressはデザインテーマ、プラグインを使うことで他とは違ったサイト運営をすることも可能ですので
是非、挑戦してみてください。

 

WordPressを学べるオンラインサロン

オンラインサロン 自由研究室はWordPressの学びを中心としたオンラインサロンです。

まずはWordPress 独自ドメインのサーバー設置型のWordpressを無料でプレゼント

自身の店舗やサービスのホームページを制作し、ご自身で更新をしていきたい場合にはオススメのオンラインサロンです。


WordPress
mohalaをフォローする
モハラアンドコ
タイトルとURLをコピーしました